• こんにちは、エンと申します。

  • 大学2年生のRyotaです

  • Sato

  • 早稲田大学の池田耕一です

Visayan Forumでのインターンを終えて

ANLP塾生のSatoです。今週で3週間にわたるVisayan Forum(http://www.visayanforum.org/wp/)でのインターンが終了しました。充実していたためか、あっという間でした。今日の報告 […]

こんにちは、エンと申します。

こんにちは、エンと申します。「アジアNGOリーダー塾」の塾生で、早稲田大学アジア太平洋研究科1年に在籍しております。私は2013年9月に来日し、今はグローバル・サステイナビリティと国際開発協力研究について勉強しております […]

大学2年生のRyotaです

このたび2月9日から40日間カンボジアへインターンすることになりました。大学2年生のRyotaです。 少し自己紹介をします。 僕は高校まで野球一筋の生活を送っていました。 そんなスポーツ大好き少年の僕が海外に興味を持った […]

Tiny Toonesでのインターンシップ

【カンボジアの教育事情】 カンボジアは、1970年代の内戦時に虐殺や強制労働によって知識人を中心に170万人以上の命が奪われたという歴史があります。その影響で、なんとか字が読める人が教育を支えてきましたが、教師の質は未だ […]

CEDACでのインターンシップのまとめ

CEDAC(カンボジア農業開発研修センター)でインターンシップを行ったKoichiより、インターンシップで何をしたか、何を学んだか、最終報告を掲載します。 ■インターン受入れ団体CEDACに2つの提言を行った これまでの […]

CEDACの流通・販売事業について

今回はインターンを行っているカンボジアの団体「CEDAC」の流通・販売事業について、皆さんにお伝えしたいと思います。近隣諸国において集約農業が発達する中、苦境に立たされているカンボジアの農家と、その只中で奮闘するCEDA […]

2016年2月11日

ここカンボジアでは、人口の多く(統計では約7割)が農業従事者であり、彼らの多くは年間所得が1000ドル(12万円程度)以下です。 ちなみに、国立高校の学費が年間約300ドルなので、子どもを二人高校に通わせれば、収入の半分 […]

Sato

私は、日中学生交流団体などでの活動を通じて、アジアの人々が共生できる社会を実現したい、と考えるようになりました。現在(2016年2月)、大学4年生で、インターン終了後の4月からは社会人として国際開発に携わる予定です。 2 […]

早稲田大学の池田耕一です

早稲田大学の池田耕一です。大学では開発経済学と経済統合を勉強していて、現在(2016年2月)はアジアNGOリーダー塾生の一員として、カンボジアに派遣されています。 私は大学1年と2年の時にウズベキスタン・タイに留学したこ […]

子供たちとSCADP 守り育てる環境

カンボジアでの海外研修が終わり日本に帰国してから少し時間が経ってしまいましたが、無事に帰国したことのご報告と前回まで投稿で紹介しきれていないSCADPのプレアビヒア児童保護センターやプノンペン市内における活動についてもう […]